松智洋&StoryWorks×カントクによるオリジナルテレビアニメーション「メルヘン・メドヘン」の放送が2018年に決定。アニメ公式サイトのオープンに合わせて、キービジュアル・キャスト情報・メインスタッフ・あらすじが公開されました。

「メルヘン・メドヘン」は、シナリオ原案を「迷い猫オーバーラン!」や「パパのいうことを聞きなさい!」を執筆した松智洋さんが担当し、イラストレーターに「変態王子と笑わない猫。」、「妹さえいればいい。」等のイラストで知られるカントクさんを迎えたメディアミックス企画。アニメに先駆けて小説が刊行されています。

スタッフは、総監督を「僕は友達が少ない」の斎藤久さん、監督を「彼女がフラグをおられたら」副監督の上田繁さん、キャラクターデザインを森川侑紀さん、アニメーション制作をフッズエンタテインメントが担当します。

キャストは、鍵村葉月役を楠木ともりさん、土御門静役を末柄里恵さん、ユーミリア・カザン役をLynnさんが担当。キャスト陣によるオフィシャルコメントも公開されています。

<鍵村葉月役・楠木ともりさんコメント>私も空想が好きで、勝手に親近感を抱いています。葉月ちゃんと一緒に様々なことに挑戦し成長していけたらと思います。皆様に愛される作品、葉月ちゃんを目指して精一杯頑張っていきますので宜しくお願い致します!

<土御門静役・末柄里恵さん>オーディションのお話を頂き、その後小説を手に取りました。今少しずつ実感が湧いてきていますが、すでにワクワクでいっぱいです。きっと彼女達にはいろんな困難があると思いますが、静と皆と共に乗り越えたいと思います!

<ユーミリア・カザン役・Lynnさん>憧れの魔法少女を演じられると思うと今からワクワクします。とは言いつつ少女というより野性味溢れるワイルド系な役柄ではあるので、思いっきり楽しく野蛮になりたいと思います。一緒に原書と魔法の世界を堪能しましょう!

なお、8月11日(金)〜8月13日(日)に開催されるコミックマーケット92で「メルヘン・メドヘン」のPVが公開されます。

<「メルヘン・メドヘン」あらすじ>

原書に選ばれた“メドヘン”と呼ばれる少女たちは一流の“原書使い”になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会“ヘクセンナハト”で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ「シンデレラ」の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる……。

「シンデレラ」と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!!