東京・池袋東口エリア一帯で開催され、2日間で12万3000人(コスプレ参加者は2万1000人)が来場した「池袋ハロウィンコスプレフェス2019(略称:池ハロ)」。過去最高の来場者数を記録し、大盛り上がりとなった同イベントで見つけたコスプレ美女たちを、連載形式で一挙に紹介しましょう。

連載第5弾となるこちらの記事では、コスプレイベントではお馴染みの「Fate/Grand Order(以下、FGO)」のキャラクターに扮したレイヤーにクローズアップ!

10月よりテレビアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」の放送がスタートし、2020年には「Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」の劇場公開も決定するなど、多方面から注目されている「FGO」ですが、その人気はコスプレイヤーの間でも急上昇中の模様。

酒呑童子をはじめ、ネロ・クラウディウス、ジャンヌ・ダルク[オルタ]、玉藻の前、ブラダマンテなど、魅力的なヒロインに扮したレイヤーが続々と駆けつけ、写真撮影や交流を楽しんでいる姿が各所で見られました。

ちなみに「FGO」といえば、キャラクターごとに複数の衣装が用意されているのも特徴のひとつ。今回の「池ハロ」では、メイドバージョンの衣装を着たレイヤーが多く、アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]やマシュ・キリエライト、スカサハ、BBらがメイド姿で集結。その他にも、ナース衣装のBBや、バニーガール衣装のアルトリア・ペンドラゴンに扮するレイヤーもいて、それぞれに撮影のための長蛇の列ができていたのも印象的でした。

コスプレパレードやギャザリング、さらにはDJパーティーなども実施され、例年以上の盛り上がりを見せた「池ハロ」。そんな「池ハロ」に続き、コスプレが楽しめる大型イベントとしては、年末に「コミックマーケット97」(12月28日〜31日・東京ビッグサイトにて開催)が控えています。

こちらの記事でコスプレに興味を持たれた方は、年末、ビッグサイトに足を運んで、その熱気を直に体験してみてはいかがでしょう。(WebNewtype・取材・文=ソムタム田井)