2月14日付ウォールストリート・ジャーナル紙は‘Ex-General With Checkered Past Set to Become Indonesia’s Next President’(波乱万丈の経歴を持つ元将軍がインドネシアの次期大統領になる)との解説記事を掲載し、同日投票され既にプラボウォ・スビアント候補(前国防大臣)に当確が出たインドネシア大統領選挙結果と同候補の過去の人権侵害等の問題、今後の政策につき解説している。要旨は以下の通り。

赤ちゃんにキスをするインドネシア次期大統領のプラボウォ・スビアント(AP/アフロ)

 第三位の民主主義国大国インドネシアを、72歳の元将軍プラボウォ・スビアントが率いることになった。同氏は、民間出口調査によれば三つ巴の大統領選で60%近くの得票を得て大勝利した。

 ライバルは、現職ジョコ・ウィドド大統領との連携に翻弄された。スビアントの副大統領はジョコの息子だ。スビアントはニッケル輸出制限等の経済政策の一層強化を含め、ジョコの政策をやり遂げると宣言し、首都移転も支持する。中立的外交政策を維持するとも述べている。

 米国防長官との記者会見では中米双方との良い関係を使い緊張を管理すると発言した。南シナ海で中国と問題を抱えるが、経済関係は進展している。

 過去数年、国中で中国の投資でニッケル精錬工場が作られた。スビアントは、熟練の政治家二人と争った。前中央ジャワ州知事ガンジャールは、教育と保健への投資を掲げ、前ジャカルタ州知事アニスは、労働集約産業重視の経済政策への移行を強調した。

 スビアントは、スカルノと敵対した有力政治家族出身だ。1980年代にスハルトの娘と結婚し後継者とみられるようになったが、その後離婚。1998年のアジア経済危機暴動でスハルト政権は終了し、スビアントは民主主義活動家拉致疑惑で軍籍をはく奪された。

 それ以前は、彼の特殊部隊を米国は重視していた。彼は米国人から好かれていたが、好意は東ティモール虐殺との関係で彼の人権疑惑が浮上した後に消滅した。

 スハルト政権崩壊後、彼は民主政治に入りグリンドラ党を創設し、2014年大統領選ではウィドドとの一騎打ちで僅差で敗北した。19年に再びウィドドと大統領選を闘ったが、5カ月後想定外の動きでライバル二人は手を組みウィドドは多数派形成のため彼を国防大臣に迎えた。