自動運転車は本当にハッキングしやすいか?【The Guardian】
自動運転車については、ハッキングのリスクがこれまでの自動車以上に懸念されているが、セキュリティ専門家で自動車ハッキングを専門とするクレイグ・スミス氏によれば、よりハッキングしやすいのはドライバーが運転する自動車だという。スミス氏はこの理由について、「多数のセンサーを搭載する自動運転車では、これらのセンサー全てを欺く必要があるから」と説明する。

原文:Assume self-driving cars are a hacker's dream? Think again(https://www.theguardian.com/technology/2017/aug/30/self-driving-cars-hackers-security)
(選者コメント)自動運転車のハッキングというと、「遠隔で自動車が乗っ取られて操作され、テロなどに使われる」ようなイメージもよく提示されるが、確かに各種センサーの情報をベースに独立して動いていることを考えれば、これらをすべてフェイクするのは容易ではなさそうだ。

人間の直感には程遠い自動運転車【Quartz】
自動運転車に欠けており、人間に備わっている重要な能力の1つは、歩行者やドライバー、サイクリストなどの他の人間を見たときに、彼らが何を考えており、どのように動くかを予想する力だ。このような人間の瞬間的判断力は、運転の安全性向上に非常に重要なものだ。

原文:Self-driving cars still can’t mimic the most natural human behavior(https://qz.com/1064004/self-driving-cars-still-cant-mimic-the-most-natural-human-behavior/)
(選者コメント)こういった直感的判断力は確かに都市部など歩行者やドライバーが多いエリアほど重要になるだろう。ただし、こういった判断の誤りから事故が起きている一面もある。

テンセント、自動運転向けのAI開発で業界のトップリサーチャーと協力【TheDrum】
中国のテンセントは、自動運転向けのAI開発で業界の複数のトップエンジニア/研究者との協力関係を結んだことを発表。この中には、スタンフォード大学教授で「グーグルの自動運転車開発の父」とも呼ばれるセバスティアン・スラン氏、中国のEVメーカーNioの創業者兼会長のリ・ビン氏、アウディ・チャイナで自動運転およびシャーシ開発の責任者を務めるステファン・グレイナー氏などが含まれているという

原文:Tencent forms alliance to develop artificial intelligence in self-driving vehicles(http://www.thedrum.com/news/2017/08/28/tencent-forms-alliance-develop-artificial-intelligence-self-driving-vehicles)
(選者コメント)オープンソース化や自動運転分野のAndroidのような存在を目指すバイドゥに対し、テンセントはテスラや地図サービスのHEREに投資したり、今回の動きなどイマイチ方向性がつかみづらい。

自動運転車とARスマートグラスの連携の可能性【Venture Beat】
自動運転車とARスマートグラスを連携させ、運転や目的地などに関する様々な情報をスマートグラスに表示させて運転に役立てる仕組みを複数の大手自動車メーカーやベンチャー企業が試行錯誤しているという。BMWではARグラスベンチャーのODGと提携し、ARドライブグラスの可能性を探っているほか、ジャガーの「Follow-Me Ghost Car Navigation」システムもARグラスと相性の良いものだという。

原文:AR smart glasses will become standard issue with self-driving cars(https://venturebeat.com/2017/08/27/ar-smart-glasses-will-become-standard-issue-with-self-driving-cars/)
(選者コメント)かなり未来を感じるコンセプト。ARグラスといえばグーグルも「Google Glass」を開発していたので、自社で自動運転システムとこれに連携するARグラスを提供するくらいのことは容易だろう。

「アップルの自動運転技術はグーグルに3年遅れている」アップルの技術を目にした専門家が証言[Business Insider]
アップルの自動運転技術を実際に目にした匿名の専門家が、同社の自動運転技術について「グーグルの3年ほど前の段階にある」とBusiness Insiderに語っている。アップルでは2016年にボブ・マンスフィールド氏が自動運転部門の責任者に就任していたが、社内ではこのときの組織再編および解雇の影響による混乱がまだ続いているという。

原文:Apple's autonomous car tech is 'where Google was three years ago' says someone who has seen it(http://www.businessinsider.com/apple-self-driving-car-technology-where-google-was-three-years-ago-2017-8)
(選者コメント)アップルの自動車開発の噂自体はかなり昔からあったが、自動車の自社開発や自動運転システム開発など方向性が定まらないまま右往左往しているうちに大きな差をつけられたのかもしれない。