IoTが有効に働きそうな業務分野であっても、実際にはIoTデバイスの選定、通信機器や方式の選択と実装、アプリケーションの開発など、様々な手間とコストがかかる。こうした手間やコストを削減できる業界特化型のソリューションを、インターネットイニシアティブ(IIJ)が相次いで発表している。

IIJが提供を開始するソリューションは「IIJ LoRaWANソリューション for HACCP温度管理」と「LoRaWANソーラー基地局DIYパッケージ」。いずれもIoT向けの無線通信方式でLPWA(Low Power Wide Area)の一種であるLoRaWANを利用するもの。必要な機器などをパッケージ化することで容易なIoT導入を支援する。

電源投入するだけで広範囲で利用できる食品業界向け温度管理IoT

IIJ LoRaWANソリューション for HACCP温度管理は、食品業界に向けたソリューションパッケージで、食品の温度管理に特化したIoTを実現しやすくする。LoRaWANは基地局を設置するだけで周囲1kmほどを無線通信のエリアにできる。この特性を使って、食品を扱う店舗やホテル、工場、倉庫などの冷蔵庫にLoRaWANに対応した温度センサーを設置するだけで、温度管理を自動化できるようにするというものだ。例えば、大型ショッピングモールなどであっても基地局を1台配置するだけで、モール内の各店舗とLoRaWANによる通信を可能にし、温度の集中管理が可能になる。

▼IIJ LoRaWANソリューション for HACCP温度管理で提供される「プローブ型温度センサー」(冷蔵庫壁面)と「LoRaWANゲートウェイ」(上部)

このソリューションは、各店舗に配置する温度センサー、エリアをカバーする基地局(LoRaWANゲートウェイ)、温度管理アプリケーション、データ保存用のクラウドサービスで構成する。広いエリアでも1台のLoRaWANの基地局があればカバーでき、電源を入れるだけでIIJの温度管理アプリケーションが起動し、情報システム部門の立ち会いなどがなくても利用できるようになる。温度センサーと基地局の間はLoRaWAN、基地局とクラウドとの間はIIJのLTEデータ通信で通信する。

IIJ IoTビジネス事業部 IoT営業課 課長代理の田畑稔氏は「LoRaWANの低消費電力の性能を生かし、温度センサーはリチウム電池で1時間1回の通信の場合に約5年の通信が可能。また1台の基地局で最大1000台の大量端末を収容できる」と説明する。LTEルーターを使ってWi-Fiにより温度センサーをつなぐ既存のソリューションに比べて、半額以下のコストで提供できるという。

IIJ IoTビジネス事業部 副事業部長の齋藤透氏は、「IoTというと、捉えどころがないと思われがちだが、現場の中での悩みをパッケージ化したソリューションにすることでわかりやすく解決できるようにする。食品業界では、食品衛生管理の管理手法である『HACCP』の義務化が迫り、その中でも重要な位置を占める温度管理をわかりやすいソリューションとして提供し、HACCP対応ならIIJと認識してもらえるようにしたい」と語る。

農業IoT向けには屋外用の無線基地局の太陽光充電パッケージ

LoRaWANソーラー基地局DIYパッケージは、農業IoTシステムに向けたもの。IIJとカウスメディアが共同で開発し、カウスメディアが販売する。IIJが提供するLoRaWANを利用した農業IoTのソリューションではセンサーからのLoRaWANの通信を受けて、クラウドとの通信を行う無線基地局は屋内に設置することを想定している。一方で、広い敷地や離れた圃場のセンサーからのデータ通信は、遠距離通信が可能なLoRaWANでも不安定になることがある。そこで、基地局の電源確保を不要にして設置の自由度を高められるようにするため、太陽光充電パッケージを開発、提供することになった。

パッケージには、ソーラーパネル、充電式バッテリー、USB出力対応充電コントローラー、ケーブル、架台などが含まれる。これらを安価に提供することで、利用者が自ら組み立てて無線基地局の太陽光充電対応を容易にする。価格は5万890円(税込み)。

▼LoRaWANソーラー基地局DIYパッケージの設置例

圃場脇、斜面、空き地、屋上など電源確保が難しい屋外に設置し、水田の水位と水温を測定するIIJのIoTソリューション「水管理パックS」と組み合わせて利用することを想定している。また、農業IoT以外にも、河川監視や屋外インフラ設備監視などへの応用も可能という。

【報道発表資料】
・IIJ、食品関連業界向けに 「IIJ LoRaWANソリューション for HACCP温度管理」を提供開始(https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2020/0615.html)
・農業IoTシステム向けに太陽光充電のDIYキット「LoRaWANソーラー基地局DIYパッケージ」を販売開始(https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2020/0617.html)