「脆弱性診断サービス」の効果は認めるが、導入するには人材もコストも足りない。そんな中小企業でも、手軽に低コストで利用できる脆弱性診断サービスがある

脆弱性診断サービスについて、読者の皆さんはどの程度ご存知だろうか。それも特に、中小企業の経営者や情報システム担当者は、どんな認識をしているだろうか。「脆弱性診断サービスでシステムやネットワークの弱点を知っておけば安全性は高まるだろうが、専任の担当者はいないし、十分な予算を確保することも難しい」といった認識で、対応を放置していることも少なくないだろう。

しかし、そのまま放置しておくとセキュリティリスクはどんどん高まる。昨今ではは、本来の標的である大企業ではなく、セキュリティ対策が不十分なサプライチェーン内の中小企業を足掛かりとするサプライチェーン攻撃が増加している。

アライドテレシスでは、専任の担当者がいなかったり、巨額の予算を確保できないような中小企業でも利用しやすい脆弱性診断のサービスを提供し、中小企業を狙うサプライチェーン攻撃への対策を支援している。その中心的なサービスが、公開されているWebサイトに対して脆弱性診断を行う「Webサーバー診断サービス」と、組織の内部ネットワークに対して脆弱性診断を行う「LANシステム診断サービス」である。

セキュリティ関連のオンラインイベント「ジャパンセキュリティサミット2020」では、アライドテレシスが無料オンラインセミナーで脆弱性診断サービスの解説をする。これまで脆弱性診断サービスの存在は知っていても、その利用ハードルの高さからなかなか利用できなかった中小企業や、大企業でも全社的な診断が予算的に難しかったようなケースで、低コストの脆弱性診断が可能になることを説明する。サプライチェーン攻撃への対策をコロナ禍の最中に実施しなければならない担当者、特にWeb/ソフトウエア開発部門のマネージャや担当者に聴講してもらいたい。

参加申込(無料)

講演詳細<参加費無料>

講演タイトル:サプライチェーンセキュリティ対策の第一歩!今すぐ始める脆弱性診断
講演団体:アライドテレシス株式会社
登壇者:アライドテレシス株式会社 サイバーセキュリティ推進技術部 課長 石本一生氏

日 程:2020年 9月11日(金曜日)16:00〜16:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月11日の開始時間までとさせていただきます
お申込み:こちら(http://ptix.at/BXDyVx)よりお申込みください
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込(無料)