従来型のリモートアクセス環境では、在宅勤務・テレワークが前提となったニューノール時代において課題や問題が発生しがちだ。リモートアクセス環境のセキュリティを確保するためにNECネッツエスアイは「ベストオブブリード型」のソリューションを提供する

在宅勤務に代表されるテレワークでは、社内ネットワークに自宅などの外部からアクセスするための「リモートアクセス環境」が不可欠だ。リモートアクセス自体は古くからある概念で、VPN(仮想閉域網)などを使ってセキュアなリモートアクセスを実現する手法は多く実用化されてきた。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により、急遽リモートアクセス環境を用意したり、これまでに想定していない対象者、多量の人員を収容したりするとなると、様々な課題に直面することになる。

すなわち、従来型のリモートアクセス環境では、在宅勤務・テレワークが前提となったニューノーマル時代において課題や問題が発生しがちというわけだ。例えば、「VPN接続性能の拡張が必要」であったり、「在宅勤務/テレワーク環境下におけるセキュリティ対策の強化が必要」「在宅勤務/テレワーク環境下においてセキュリティ運用体制に強化が必要」だったりという課題である。今年、こうした課題に直面した企業は少なくない。

NECネッツエスアイは、システムインテグレーターとして幅広くソリューションを提供する中で、ニューノーマル時代に適したリモートアクセス環境を提案している。同社は複数のメーカー/ベンダーのサービスやソリューションの組み合わせることにより、ベストオブブリード型のリモートアクセス環境を提供するソリューションを展開する。その上で、提供する各機能については、NECネッツエスアイ独自のセキュリティ運用・監視サービスにより、導入後の運用サポートまで包括的に対応できる点も特徴だ。

セキュア関連のオンラインイベント「ジャパンセキュリティサミット2020」では、NECネッツエスアイによる無料オンラインセミナーが開催される。NECネッツエスアイが提供するリモートアクセス関連の各ソリューションと、それらを包括的に管理する運用サービスを含めたソリューションの詳細を解説する。ニューノーマル時代のリモートアクセス環境の整備に頭を悩ませている情報システム部門の部門長もしくはシステムデザインの中核となる方にぜひ聞いていただきたい。

参加申込はこちら(無料)

講演詳細<参加費無料>

講演タイトル:『ニューノーマル時代!リモートアクセスのベストプラクティスとは?』
講演団体:NECネッツエスアイ株式会社
登壇者:
NECネッツエスアイ株式会社 デジタルソリューション事業本部オフィスソリューション事業部 マネージドセキュリティサービス部
セキュリティサービス担当部長 森本 淳(もりもと じゅん)氏

日 程:2020年 10月1日(木曜日)10:00〜10:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料
お申込み:こちら(http://ptix.at/k958jF)よりご登録をお願いします
お申し込みは当日10月1日の10:00までとさせていただきます
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込はこちら(無料)