ドイツ、ますます導入が拡大するローカル5G網【Telecoms 9/25】
ドイツ通信当局である連邦ネットワーク庁(Bundesnetzagentur)は先ごろ、民間企業や公的機関などに3.7GHz〜3.8GHz帯の74のローカル5G免許を付与。新たにローカル5G免許を取得した企業には、自動車メーカー(アウディ、メルセデス)や放送局(バイエルン放送)、イベント企業(ドイツメッセ)、システムインテグレータ(NTTデータドイツ)、専門的エンジニアリング企業(ローデ&シュワルツ、コーニング)などが含まれており、「インダストリー4.0」のほか農業・林業などでの活用が期待されている。

原文:Germany likely to see many more private 5G networks(https://telecoms.com/506639/germany_likely_-to_-see_many_-private_5g_networks/)

エリクソン、米Cradlepointを買収でエンタープライズ向け5G市場に参入へ【EE Times 9/21】
スウェーデンのエリクソンは先ごろ、米アイダホ州のエンタープライズ向けネットワーク機器メーカーであるクレイドルポイント(Cradlepoint)を11億ドルで買収。クレイドルポイントは主にエンタープライズ向けに最適化した4G/5G対応ルーターなどを直接販売してきた企業で、これまで大手通信事業者との関係を重視してエンタープライズ向けの製品やサービスの販売を差し控えてきたエリクソンとしては大きな戦略転換となる。

原文:Ericsson Buys Cradlepoint to Enter Enterprise 5G Market(https://www.eetimes.com/ericsson-buys-cradlepoint-to-enter-enterprise-5g-market/)

ファーウェイ、ドイツでのローカル5G免許取得に懸念の声【Light Reading 9/25】
中国ファーウェイが先ごろ、ドイツで3.7GHz〜3.8GHz帯のローカル5G免許を取得していたことが明らかになった。この周波数帯は現在、ミュンヘンにある同社の研究拠点「OpenLab」の「インダストリー4.0」生産ラインやローカル5G網に活用されている。ファーウェイについては、同社の通信機器によるスパイ疑惑が世界中で騒動となっていることもあり、ドイツ通信当局による今回の免許付与は物議を醸す可能性がある。

原文:Huawei's 5G license win in Germany may rile opponents(https://www.lightreading.com/private-networks/huaweis-5g-license-win-in-germany-may-rile-opponents/d/d-id/764201)

一部の記事の内容は、第5世代移動通信システム(5G)に関連するトピックスや5G関連ニュース、オピニオン等をお届けするサイト「第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)」で詳しく紹介する予定です。
https://5gmf.jp/(https://5gmf.jp/)