米国防総省、5G技術の軍事利用でAT&T、ノキア、エリクソンらと契約【Mobile World Live 10/9】
米国防総省(DoD)は先ごろ、国内の軍事施設における5G技術のテストに6億ドルを拠出し、AT&T、ノキア、エリクソンらをベンダーに選出。DoDはユタ州、ワシントン州、ジョージア州、カリフォルニア州、ネバダ州の5つの軍事施設でAR/VR、アセット・トラッキング、予測分析、自律型ロボット/ドローン、ダイナミック・スペクトラム・シェアリング(Dynamic Spectrum Sharing、DSS)などの5Gアプリケーションのトライアルを行う計画だ。

原文:US taps AT&T, Nokia, Ericsson for military 5G tests(https://www.mobileworldlive.com/featured-content/top-three/us-taps-att-nokia-ericsson-for-military-5g-tests)

米郵便公社、郵便局ネットワークの5Gインフラへの活用を検討【Fierce Wireless 10/5】
米郵便公社(United States Postal Service、USPS)が、国内に広がる郵便局の一部スペースを5Gインフラの設置場所として通信事業者にリースするビジネスを検討しているという話をLight Readingが報道。USPSは国内に3万1000の拠点を保有しており、各郵便局の建物の屋上や屋内の一部を、基地局やアンテナ、エッジコンピューティングのためのホストサーバーなどの設置スペースとしてリースすることで、新たな収入源とする狙いとみられる。

原文:Postal Service wants to get in on 5G rollouts(https://www.fiercewireless.com/5g/usps-wants-to-get-5g-rollouts)

米国防総省による国営5G計画を後押しするホワイトハウス【Axios 10/12] 
米トランプ政権で2018年から検討されている国営5G網構築計画について、ホワイトハウス首席補佐官のマーク・メドウズ氏が、米国防総省(DoD)に計画をさらに進めるよう働きかけているとする情報筋の話をAxiosが報道。この計画は、政府が一部の民間企業に国営5G網の運営を委託する形となるとみられるが、国防長官のマーク・エスパー氏などは慎重論を唱えているとされ、米連邦通信委員会(FCC)や通信各社から強い反発を招いている。

原文:White House pushes Pentagon to jumpstart a national 5G network(https://www.axios.com/white-house-pushes-pentagon-to-jumpstart-a-national-5g-network-c47ac4b2-628e-4d40-935b-dd98cbc601ec.html)

一部の記事の内容は、第5世代移動通信システム(5G)に関連するトピックスや5G関連ニュース、オピニオン等をお届けするサイト「第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)」で詳しく紹介する予定です。
https://5gmf.jp/(https://5gmf.jp/)