AT&T、テネシー大キャンパスにミリ波5Gのテストベッドを設置【Fierce Wireless 8/17】
米通信大手のAT&Tは、テネシー大学にミリ波帯を活用した5Gテストベッドを設置し、農村地域やデジタル学習体験、軍事用途などの5Gユースケースを検討する。同社は2021年秋までにテネシー大ノックスビル校にローカル5G網を配備する予定で、学生向けにはAR/VR技術や生体情報を利用した学習体験の拡張・パーソナライズ化などにこのネットワークを活用するという。

原文:AT&T turns up mmWave 5G testbed at UT campus(https://www.fiercewireless.com/5g/at-t-turns-up-mmwave-5g-testbed-at-ut-campus-fall)

LG、テラヘルツ帯を使用した6Gデータ送信のデモに成功【The Korea Bizwire 8/19】
韓国のLG電子は現地時間8月19日、テラヘルツ帯を使用した6Gデータ通信の実験に成功したことを発表。ベルリンでフラウンホーファー研究機構との協力で実施されたこの実験では、屋外環境で155〜175Ghzの周波数の無線通信信号を100メートル送受信することに成功したという。LGは2029年に6G通信の商用化を見込んでおり、2025年に標準化の議論が始まるとしている。

原文:LG Successfully Demos 6G Data Transmission Using Terahertz Spectrum(http://koreabizwire.com/lg-successfully-demos-6g-data-transmission-using-terahertz-spectrum/197089)

ABIリサーチ「ドイツでローカル無線網への関心は薄れつつある」【Fierce Wireless 8/19】
米調査会社のABIリサーチが、ドイツ企業のローカル無線網への関心が薄れつつあるとする見解を示している。ドイツ連邦ネットワーク庁(Bundesnetzagentur)によれば、2020年下半期のドイツにおけるローカル無線網の新規免許申請は80件以上あったものの、この数字は2021年第2四半期に20件しか増えていないという。同調査会社によれば、ドイツにおけるローカル無線網の大半はシステムインテグレータやベンダーが5G製品を紹介するために配備したもので、今のところ企業のワークフローやオペレーション強化のために活用されているローカル無線網はわずかだという。

原文:ABI Research is downbeat on private networks in Germany(https://www.fiercewireless.com/private-wireless/abi-research-downbeat-private-networks-germany)