ハンガリー、ファーウェイとの協力で欧州初の5Gスマート鉄道ハブを建設へ【Global Times 10/7】
ハンガリー物流企業のEast-West Intermodal Logisticsと英通信大手のボーダフォン、中国のファーウェイは欧州時間10月7日、ローカル5G網を活用した欧州初のスマート鉄道ハブの建設に関する協力協定を締結した。このプロジェクトでは、ハンガリー東部のFenyeslitkeに建設中の新たな鉄道ハブにローカル5G網を導入し、荷役作業の効率を飛躍的に高める全自動橋形クレーンの遠隔制御などに活用するという。

原文:Hungary to build Europe's first 5G smart railway port together with Huawei(https://www.globaltimes.cn/page/202110/1235745.shtml)

パデュー大研究財団、スマートシティ地区へのローカル5G導入でCelonaと契約【Light Reading 10/12】
米パデュー大学の研究財団(Purdue Research Foundation:PRF)は、CBRS(Citizens Broadband Radio Service:市民ブロードバンド無線サービス)の3.5GHz帯を活用したローカル5G網の導入でスタートアップのCelonaおよび無線通信インフラ企業のSBA Communicationsと契約した。新たなローカル5G網は、パデュー大キャンパスの側に建設中のスマートシティ地区「Discovery Park District」内にあるPRFのメインビルの一つに導入される見込みだという。

原文:Purdue University group signs up for Celona's private 5G network(https://www.lightreading.com/private-networks/purdue-university-group-signs-up-for-celonas-private-5g-network/d/d-id/772708)

サムスン、新たなホワイトペーパーでローカル5Gソリューションをアピール【Fierce Wireless 10/11】
サムスンは10月8日、同社の幅広いローカル5Gソリューションを紹介する新たなホワイトペーパー「Transforming Private Networks with Samsung 5G」をリリースした。同社の新たなソリューションには、RAN(無線アクセスネットワーク)やコアネットワーク、トランスポート・ネットワーク、管理システムなどが含まれる。これらは、コンパクトなワンボックス製品、標準的な中規模製品、大企業向けのプレミアム・ソリューションの三種類の構成で提供されるという。エンタープライズ向けローカル5G市場は、エリクソンによるCradlepointの買収や、ノキアによるクラウドネイティブな産業向けエッジソリューションのリリースなど、近年ますます競争が激化している。

原文:Samsung pitches private 5G in new white paper(https://www.fiercewireless.com/private-wireless/samsung-pitches-private-5g-new-white-paper)