リモートワークで先行する米Automattic、コミュニケーションは非同期&テキスト【Tech Crunch 10/20】
米Web開発企業のAutomatticでは、2005年から1700人の従業員が全面的にリモートワークで働いている。同社では、オフィスでのコラボレーションや会議の大部分を「P2」という社内向けコンテンツ管理サービスをはじめ、Jira、Slackなどの非同期型ツールを使用し、社内のほとんどのコミュニケーションをテキストベースで行っている。スレッド形式のディスカッションや返信のフォロー、「いいね!」ボタンなどブログのような機能を持つP2は、しばしば時差のある国内外の従業員の議論や協力を可能にし、社内のあらゆる情報をテキスト化することで、従業員は必要な情報を必要な時に利用できるという。

原文:The future of remote work is text(https://techcrunch.com/2021/10/19/automattic-tc1-remote/)

アマゾン、Amazon Careを年内にも新たに米5都市に拡大へ【Fierce Healthcare 10/21】
アマゾンは、同社が自社の従業員や外部企業向けに提供するオンデマンド医療サービス「Amazon Care」を新たに米主要5都市に拡大することを発表した。バーチャル診療と対面診療を組み合わせたこのサービスは、これまでワシントンD.C.やボルチモアだけで対面診療サービスを提供してきたが、新たにダラス、シカゴ、フィラデルフィア、ボストン、ロサンゼルスの5都市がこれに加わる。

原文:Amazon expanding virtual care service to 5 additional cities this year(https://www.fiercehealthcare.com/tech/amazon-expanding-virtual-care-service-to-5-additional-cities-year)

買い物代行サービスのInstacart、スマートカート/セルフレジスタートアップのCaper AIを買収【Tech Crunch 10/19】
米買い物代行サービスのInstacartは、スマートカートやセルフレジ技術を開発するスタートアップのCaper AIを約3億5000万ドルで買収することを発表した。新型コロナ禍で急成長している同社は、現在、実店舗向けの小売技術にも手を広げつつあり、今月始めにはケータリングソフトウエア企業のFoodStormの買収も発表していた。

原文:Instacart acquires Caper AI, a smart cart and instant checkout startup, for $350M, as it moves deeper into physical retail tech(https://techcrunch.com/2021/10/19/instacart-acquires-caper-ai-a-smart-cart-and-instant-checkout-startup-for-350m-as-it-moves-deeper-into-physical-retail-tech/)