「もっとお給料が高かったら、お金がたまるのに」という思いは、誰もが一度は持ったことがあるのではないでしょうか。

 では、もしも給料が月額10万円上がったとしたら、どんなことにお金を使いますか?

 もっといい所に住む?
 もっとおしゃれのためにお金を使う?
 もっと旅行に行く?
 それとも、しっかり貯蓄する?

 やりたいことはいろいろあることと思いますが、年収が上がれば、それに伴って支出も増えるのでしょうか。

 そこで、日経WOMAN7月号の「年収別・働き女子の家計調査」から「ひとり暮らし女子の家計簿」を基に見ていきましょう。

■日経WOMAN 2017年7月号の調査より
<収入層>
・年収300万〜500万円グループ……平均月収(手取り)25.3万円
・年収500万〜700万円グループ……平均月収(手取り)31.1万円
・年収700万円以上グループ……平均月収(手取り)40.2万円

 日経WOMAN編集部の分析によると、年収をベースに、年収300万〜500万円グループと500万〜700万円グループ、そして、700万円以上グループの3つに分けて比較した結果、面白いことが分かりました。

 下の表は、年収300万〜500万円グループと500万〜700万円グループ、そして、700万円以上グループの3つに分けて、家計の項目別の支出を比較しています。各項目で支出が一番多いグループをピンク、2番目に多いグループを黄色、3番目に多いグループをブルーの背景にしました。つまり、ピンク色のグループが、3つの年収グループの中で、一番その項目にお金を使っているということです。

最も支出が多い年収層はどこ?

 ピンク色の項目が最も多いのは、年収500万〜700万円グループでした。

 この日経WOMAN編集部の分析を基に見ていくと、支出は年収に比例して増えるわけではなく、家計に対する「消えモノ支出」が多いのは、年収500万〜700万円、つまり、平均月収(手取り)31.1万円の層であることが分かりました。

 「消えモノ支出」とは、水道・光熱費や通信費、食費など、「消えてなくなるモノ」に使うお金のこと。年収500万〜700万円グループは、多くの項目で1位になっています。

 また、年収500万〜700万円グループが1位になっている8項目を合計すると、その合計額は、19.8万円。それに対して、年収が多い分、たくさん使いそうな印象がある年収700万円以上のグループの人は、同じ8項目を合計しても16.8万円です。その差は、1カ月で3万円!

 この差額を貯蓄すると、1年で36万円がたまりますし、もしも、もっとスキルアップをして収入を上げたいと思っているのなら、このお金で自己投資ができるかもしれませんね。

 年収が上がると、経済的なゆとりと心のうれしさからメリハリ支出を忘れそうになりますが、貯蓄ができている人は、「消えモノ支出が少ない」という点を意識してみましょう。

消えモノ支出が少ない年収層は?

 また、消えモノ支出が2番目に多い年収層は、年収700万円以上グループ、3番目は年収300万〜500万円グループでした。

※(前のページの表を見る)

 年収700万円以上のグループは、消えモノ支出にかけるお金は少なく、よく見ていくと、年収300万〜500万円のグループよりも支出を引き締めていることが分かります。一方で、支出が多いのは、新聞・図書代、スキルアップ費や保険料などの自己投資に関する費用です。

 年収300万〜500万円グループが使っている金額は、年収700万円以上や年収500万〜700万円グループに比べると、絶対的な手取り収入が少ない分、金額は少ない傾向です。

 では、手取り収入に占める割合はいかがでしょうか。表のカッコ内の数字を見てください。実は金額だけでなく、手取り収入に占める支出の割合も、年収500万〜700万円グループよりも全体的に少ないのが現状です。

 年収300万〜500万円グループは、家賃という固定費の割合は高いものの、通信費や服飾費・美容費・交際費などを引き締め、趣味やレジャーにお金をかけるメリハリ支出年収層のようです。

 年収が上がるにつれ、生活レベルが上がり、支出が増えそうな印象があったかもしれませんが、お金に関心が高い日経WOMAN読者にとっては、「収入増=支出増」になるとは限らない結果となりました。

 年収が増えてきて、使う楽しみが高まる年収500万〜700万円グループのほうが、支出が高い傾向にあるようです。この年収層に当てはまる人は、自分のお金の使い方を振り返ってみてくださいね。

 消えモノ支出のコントロールで、貯蓄力を上げましょう!

文/前野 彩 写真/PIXTA

Profile前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。