第1回「号泣の不本意な異動だったのに全く後悔していない理由」
第2回「『私はダメ』自虐の無限ループ あなたのせいじゃない」(今回はここ)

 前回の記事「号泣の不本意な異動だったのに全く後悔していない理由」で、「女性たちは自分の力を正確に見積もることが苦手で、『私なんかダメ』『この程度しかできない』と思いがちで、そこに心理的なワナがある」と書きました。今回はそのことについて書きたいと思います。あなたは心理的なワナに陥っていませんか。

「キャリア・ミスト」…女性は霧の中を歩いている

 あなたの会社にはベテランの女性社員はいますか。女性の先輩がいますか。私は今年入社して33年目(!  自分で書いてもうこんなにたったのかとびっくりしています)なのですが、そういう女性はいますか。また、会社の中に女性がどれだけいますか。女性比率は2割ですか。3割ですか(この比率はとても重要です。後述します)。

 職場の多くは男性で占められています。男性は会社で多数派です。きっとあなたの会社でもそうでしょう。また、課長、部長、役員、社長も男性ということがほとんどでしょう。そうすると、男性は、新入社員の頃から、「ロールモデル」(=働く上でこうなりたいと思うお手本)が獲得しやすくなります。「10年後、20年後、30年後はこの会社で自分はこうなっているだろう」というキャリアの見通しが立つのです。

 かたや女性はどうでしょうか。女性は会社で少数派です。マイノリティーなのです。

 たとえ職場に女性がいたとしてもそのすべてが正社員というわけではありません。業界や会社によっても違いますが、正社員に占める女性の割合は2割くらいでしょうか。また、女性は働き続けるのが難しいという現実もあります。最初に妊娠がきっかけで5割の女性が職場を去ります。ベテラン女性社員ほど人数が少なくなるという先細り傾向があるのです。働き続ける女性が少ないので女性管理職の数もまた少ない。4割程度の企業では、まだ、課長相当職以上の女性管理職がいません。

 つまり、女性は組織の少数派であり、長く勤め続ける人も少ない。そのため、女性は男性と違って、「こうなりたい」と思うロールモデルが見つけられず、「自分は将来こうなるであろう」というキャリアの見通しも獲得できにくい状態にあります。

 自分のキャリアの見通しが不透明であることを、学術用語で「キャリア・ミスト」といいます。

 将来のキャリアに霧がかかって先が見えないということです(この言葉を大学院で学び、「なんとぴったりな言葉だろう」と思いました)。つまり、日本の働く女性たちは霧の中を歩いているのです。それであれば、不安なのも迷うのも当然ですよね。

 男性はいずれ組織を担う後継人材であると期待され、後継者になるような仕事も与えられます。しかし、女性は期待もされないしそのように育成もされてきませんでした。

 「キャリアに対して不安や迷いを抱くのは、自分が弱いから。だから自分はダメなんだ」
 「昇進のチャンスがあるのにそれを受ける自信がない。力不足の自分がいけないんだ」

 と自分を責めてしまいがちなのが女性です。これが心理的なワナです。自虐の無限ループに陥りがちな女性たちに対して、私はこう伝えたいです。

 「それはあなたのせいではない。だって、私たちは霧の中を歩いている、いや、歩かされているんだから、不安に思うのは当然だよ。そういう構造があるんだから」と。

「だから『女性』のお前はダメなんだと思われる」という恐怖

 私は5年間、日経WOMANの編集長を務めて、50歳のときにその一つ上の職位である発行人に昇格しました。そのときに味わった心理的なワナについてお伝えしましょう。

 日経WOMANも日経ウーマンオンラインもほぼ女性だけの編集部でした。全員女性で、ワイワイガヤガヤとガールズトークをしながら仕事を進めてきました。出る会議も女性のみか女性が大半を占めるというものが多かったです。

 しかし発行人になったときに、出る会議の様相が一変しました(編集長はその媒体の編集の責任者ですが、発行人とは編集のみならず、販売、事業などブランドに関するすべての責任者で、出る会議も違ってきます)。女性は自分だけか、女性が少数派という会議に出ることが多くなりました。

 そのとき私はこれまで感じたことのない不安や心細さを感じました。会議で緊張することなどなかったのに、すごくドキドキしました。

 「今、ここで私が変な発言をしたら、フモトができないヤツと思われるだけでなく、だから女性の発行人はダメなんだと思われる」――こんなことを思っていたのです。

 後に、この葛藤は、少数派である女性が味わう「トークニズム」と呼ばれるものだと知りました。

トーク二ズム…昇進したときに味わった私の心の葛藤とは

 ハーバード大学ビジネススクール教授のR.M.カンターの名著「企業のなかの男と女」の中にこのようなことが書かれています。女性は紅一点という状況では、女性は個人として見られず、全女性を代表するトークン(象徴)として扱われて特異な状況に置かれてしまうと。

 「アウトサイダーとしての孤独と、多数派のカルチャーに同化する過程での自己疎外を招くこともある」「トークンである女性は、トークニズムのプレッシャーのため、いつまでも真の力を発揮できず、発揮したとしても例外としてしか評価されない」とカンターは記します。

 また、カンターは、組織の中の多数派と少数派の比率を重視し、「黄金の3割」を提唱しました。これは組織のマイノリティーが3割を超えると組織に影響を与える、少数派もトークンではなく個人として存在することが可能になるということです。

 この言葉を知ったときに、「そうか!」と膝を打ちましたね。日経WOMAN編集長時代の会議は、女性は当然「黄金の3割」を超えていたので伸び伸び振る舞うことができたけれど、発行人になったときは、そうではありませんでした。紅一点となりがちでした。このトークニズムのプレッシャーに苦しめられていたんですね。

 私は、社会人となって以来日経WOMANをはじめとして女性媒体に関わることが長く気付かなかったのですが、この不安感が多くの働く女性が持っていたものだったのだと遅まきながら分かりました。当然ながら組織の多数派である男性はこういう気持ちを味わうことがありません。男性という象徴でなく、その人個人として扱われるからです。先ほど組織の中の女性比率が重要になると書いたのは、そういうことなのです。

 もう一つ、「インポスター(ペテン師)症候群」という言葉を知ったときも、膝を打ちました。

自分の居心地を悪くしていたのは「ペテン師症候群」

 これは、発達心理学者のスーザン・ピンカーの著「なぜ女は昇進を拒むのか」に出てきます。これは、女性は成功したとしても、その業績は偽物にすぎず、ただ自分は幸運だっただけで、どれだけ世間に認められても自分は「まがいもの」だと思うこと、自分の業績を信頼せず、優秀なフリをして周囲を欺いているような気がするというものです。自分は「まがいもの」なのでいつか化けの皮が剥がれる、いつか自分の無能がばれてしまうので、昇進を打診されても断るということも書かれています。

 この言葉は深く胸に刺さりました。まさに、自分もそうだったからです。

 講演などで「日経WOMAN編集長だった女性」「子どもを二人育てた」と紹介されたり、講演終了後に参加した女性の方から「すごいですね」と言われたりすると、ありがたい反面、居心地が悪くなってしまうことがよくありました。

 「いや、私はたまたま運がよくてそうなっただけで、たいしたことない人間なのに」と思いました。そしてこの本に書かれているように、「いつか本当の自分がばれてしまうのではないか」などとビクビクしていた自分がいたのです。

 成功したとすると、男性は実力と考え、女性は運だと考える。自己評価には確かに性差が存在していて、「実際に女性は、誤った自己認識に基づいて自発的に競争から身を引いているかもしれない。(中略)自分の能力を正しく評価していないために、女性はせっかくのチャンスから身を引いたり、尻込みをしたりする。その間に、欠陥のある楽観主義者たちに先を越されてしまうのだ」とピンカーは記します。

 どうでしょう。心にビンビン刺さりませんか。

 「欠陥のある楽観主義者」のところでは、誰かの顔が浮かんだという人もいるかもしれませんね。私はこの本の中でたくさんの箇所に赤線を引きました。「そうか、自分を居心地悪くさせていたのはこういう考え方のせいか」とふに落ちたところがいっぱいあったのです。

あなたは「学習性無力感」に陥ってないですか?

 私は「インポスター症候群」という言葉を知り、自分の気持ちが少し楽になりました。心理的なワナから解放されました。女性の葛藤に名付けられた言葉を知ることの重要性を私に教えてくれたのは、ジャーナリストの福沢恵子さんです。

 福沢さんが日本の女性たちに覚えてほしい言葉として挙げたものの一つに「学習性無力感」があります。これを最後にご紹介しましょう。

 「これは、長期にわたってストレスのある状態や不愉快な刺激にさらされていると、その状況から逃れようとしなくなるという状態です。

 そういう状況を起こしたのも自分のせいと思い込むようになることもあります。これは、例えば、ある女性が会社の中で一生懸命仕事しよう、意欲を見せようとしても、上司から、『そんなことはしなくていいよ』『あなたがそんなことをしても意味がない』と言われ続けます。すると、その女性は『何をやってもムダだ』と思うようになり、仕事に対する意欲をなくしてしまうのです」(福沢さん)

 経験から無力感を学習してしまうということ。なんともせつない言葉ではありますが、日本の企業で働く女性(特にベテランの女性たち)にはもしかすると多いパターンなのかもしれません。

 「言葉を知ると、自分のもやもやした気持ちに名前を付けてあげることができます。つまり、フレーム化するということです。自分がその渦中にいると気付かないのですが、名前を知ると、『私は今、学習性無力感にさいなまれている』『ペテン師症候群に陥っている』というように、自分の状態を客観的に見ることができます。それが次にどういう行動を取ればいいかを考える第一歩にもなりますし、人の助けを求めることもしやすくなる。自分のもやもや、葛藤に名前を付けることは重要なのです」(福沢さん)

文/麓幸子 写真/PIXTA

「仕事も私生活もなぜかうまくいく
 女性の習慣」
 著者:麓 幸子
 出版社:日経BP社
 アマゾンで見るProfile麓 幸子(ふもと・さちこ)
日経BP総研マーケティング戦略研究所長
日経BP社執行役員。1984年筑波大学卒業。同年日経BP入社。88年日経ウーマンの創刊メンバーとなる。2006年日経ウーマン編集長。12年ビズライフ局長。14年日経BPヒット総合研究所長・執行役員。15年日経BP総合研究所副所長。16年日経BPヒット総合研究所長を経て現職。法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。内閣府研究企画委員などを歴任。筑波大学非常勤講師。一男一女の母。著書に『女性活躍の教科書』『就活生の親が今、知っておくべきこと』など多数