2017年上半期、さまざまなニュースが話題になりました。「芸人式新聞の読み方」の著者であり、時事芸人として朝刊紙からスポーツ紙、夕刊紙、タブロイド紙まで読み込んでいるプチ鹿島さんに直撃、この半年間で気になったニュースを解説していただきました。今回お届けする後編では、働き方改革への取り組みから、宅配業者のサービス見直し問題、そしてインスタグラムなどにおけるSNS疲れまで、幅広くお話しいただきました。

前編・ 私たちに必要な「ニュースの読み方」って? プチ鹿島

プチ鹿島(ぷち・かしま)
1970年長野県生まれ。スポーツからカルチャー、政治まで幅広いジャンルをウオッチする「時事芸人」として、テレビ、ラジオ、雑誌などでレギュラー多数。手にしているのは著書の「芸人式新聞の読み方」(幻冬舎)

賛否が分かれた「おとう飯」キャンペーン

――この上半期は政府による働き方改革への取り組みが目立ちましたが、どういった視点をお持ちですか?

プチ鹿島(以下、鹿島) 6月12日に内閣府が「おとう飯」キャンペーンを発表しましたよね。6歳未満の子を持つ夫の家事や育児に充てる時間は、日本は週平均で1日当たり67分と、スウェーデンなどに比べると3分の1くらいであると。それを踏まえて、家事や育児を気軽にできるようにと行われたキャンペーンですが、ネットを中心に賛否が分かれたのが面白いところでした。

 「ごはんを作るハードルが高いから男性が料理をしないのか?」とか、「おとう飯を進めるなら、残業をなくしてくれ」「女性が作る料理は見た目が良くなければいけないのか」といったツッコミが入ったのです。

 そこで、私のラジオ番組で内閣府に電話をしてみたところ、賛否両方の意見を紹介してくれたのですが、最終的には労働時間の話になりました。国の政策としては、6歳未満の子どもを持つ夫の育児・家事関連時間を、2020年までに1日当たり2時間30分にしようという成果目標がありますが、2時間30分という時間は、「おとう飯」どころでは実現できません。結局は、労働時間の短縮や、有給休暇の取り方といった働き方改革の話になることが改めて分かりました。

――「働き方改革」に関しては、さまざまな施策がバラバラと行われている印象があります。

鹿島 経済産業省の「プレミアムフライデー」もありますよね。この間も読売新聞に「プレミアムフライデー定着の兆し」という全面広告が出ていました。一生懸命やろうとしている人たちはいるのでしょうが、定着していないと思います。上からのキャンペーンは庶民的な目線になっていないものが多いので、現状との温度差を感じてしまうということですよね。

宅配業者のサービス見直しは「節電」に通じる

――働き方改革にも関連する問題として、宅配業者のサービス見直しも話題になっています。

鹿島 大前提として、宅配便やコンビニってめちゃくちゃ便利ですよね。再配達は時間指定通りに届けてくれるし、万が一逃しても、電話をすればすぐに来てくれる。こんなに便利でいいのだろうかと思っていたら、やっぱり便利さの裏側には大変な労働を頑張っている人たちがいたんだなと思いました。

 「今まであまりにもサービス過多だったから、受け手の我々が考え直しませんか」という点では、3.11のときの節電意識に通じる問題だと思っています。当時、コンビニなどが明かりを暗くしていましたが、最初は違和感があっても慣れたじゃないですか。今回も、宅配業者の労働形態を知ってしまったわけですから、消費者が「そこまでやらなくていいですよ」という声を上げるべきだと思うのです。

 この話題で面白かったのは、5月に日本経済新聞で読んだ記事です。物流の人手不足を受けて、送り手側・受け手側の改革について報じられていました。

 具体的には、通販生活が昼の配送を中止するとか、ファンケルが不在時の荷物置き場の指定サービスを強化するといった内容でした。ファンケルは、これまでも実践していたそうですが、不在時には、自転車のカゴやガスメーターの上などあらかじめ選んだ場所に商品を置くシステムを強化するのだそうです。一方では、宅配業者の人が来たら外出先からスマホを使ってドアロックを解除するサービスの研究が始まっているという報道もありました。

 送り手と受け手がどんな「とんち」を効かせて、配達する人の苦労や負担を減らすのかというのは、これから見ものになるのではないでしょうか。

SNSでは情報に対して緩急をつけてみる

――最後はインスタグラムの人気と、SNSでのおしゃれ写真の投稿についてです。もちろん楽しんでいる人もいますが、疲れてきている人もいるのではないでしょうか?

鹿島 6月27日の読売新聞に、自分へのお中元に関する記事がありました。

 これはどういうことかというと、最近ではお中元を職場や取引先に送るケースは減っているけれど、メーカー側は黙って減るのを眺めているわけにはいかないので、「自分にお中元を送ったらどうですか」という提案をしているというものでした。具体的には、夏用のおせち料理や、五色のそうめんとお茶などのセットが紹介されているのですが、お中元商品で共通しているのは、写真映えでした。きれいな五色のそうめんの写真には、「いいね」がつきますよね。

 フェイスブックやツイッターもですが、「ネタありき」で行動している人がいると思います。ただ、それはある意味で「ネットの中に住んでいる状態」です。写真を投稿することはある種の原動力として悪いことではないのですが、そればかりにとらわれると疲れるなというのはあります。

 これは「ポスト真実」にも似ています(前編記事・私たちに必要な「ニュースの読み方」って? 参照)。「分かりやすくてインパクトのある面白いものを提供した人が勝ち」となると、ネタのために行動しようとなりますが、それは自分のリアルではありません。フェイクニュースや刺激の強いニュースに嫌気が差している読者に、少し似ていると思いますよ。

――見なければいいと思っても、ついそういう投稿を見てしまい、モヤモヤすることがあります。

鹿島 「取り込まれているよ」というのは声を大にして言いたいです。「これを買っていただいたら写真映えしますよ」というようなアプローチは、これからどんどん増えると思います。誰よりも早くこの情報を発信したいというのは人情としてありますからね。

 深刻な話では、デマの拡散の背景にも、そういう心情があると思っています。熊本地震のときに「ライオンが逃げた」というデマがありました。

 あれを最初に流した人は100%悪意なので論外ですが、拡散した人が100%悪意かというと、そうではないと思うんです。「こんな情報知ってる?」「早く知っちゃったから教えてあげる」という気持ちだったのではないでしょうか。それがデマの拡散の片棒を担いでしまっているので、「知らないだろうけど教えてあげる」というある種の優越感には、落とし穴があることを考えたほうがいいと思います。

 僕もゴシップ記事は大好きですが、すぐに拡散・発信はせず、信頼できる媒体で取り上げられていることを確認してから、話題に出します。本当に教えたくない店はSNSに上げないのと一緒で、一旦、心の中にしまっておくということです。デマやフェイクニュース、インスタの写真映えなどは、全部どこかで共通していると思うんです。ある程度、情報に対して緩急をつけたほうがいいのではないでしょうか。

聞き手・文/飯田樹 写真/小野さやか