ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

前回から、昨年の夏休みに起きた、ムスメの異変について振り返っています。数話、お付き合いいただけたらと思います。

▼前回のお話
夕方に急に泣き出すようになった娘…そして、それは始まった 〜娘がご飯を食べられなくなった話(1)〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第82話】


夕食の途中に、急に嘔吐してしまったムスメ。本人も突然で驚いていました。

夕食中に嘔吐してしまったムスメ。胃腸風邪かなと心配するも、その日はそれ以上吐くことなく就寝。次の日の朝はごはんを食べ、元気なムスメに戻っていましたが…。

ちょうど周辺の病院がお盆休みに入るところで、休日診療か、救急に行く覚悟だったのですが、次の日起きてみると、食欲ももどり、いつも通り(むしろいつも以上?)に朝食と昼食をしっかりと完食、下痢などもなく、体の不調はなく元気いっぱいのムスメでした。

しかし、一安心したのもつかの間で…



しかし夕方になると涙を流し、えずくムスメ。でも朝には元気になる。毎日それを繰り返すようになり…。

夕食を前にするとまた涙があふれ、吐きはしないものの、えずいてしまい、ご飯を口に入れることができなくなってしまいました。それでも朝になるとまた元気になってご飯も食べられる。

それが続いて、体の不調ではなく、精神的な不調を疑うようになりました。

夕方になると吐きそうになることが、次第に怖くなってしまったムスメ。

体調は全く悪くないのと、本人が泣いて嫌がるのもあって、救急に行くのはとりあえず断念。

ただし、朝と昼も食べる量が減ってきて、体重も少しずつ、減り始めました。


続きます。
(koyome)