■前回のあらすじ
育児の仕方も容姿も暴言を吐き続ける夫。妻は離婚を考え始めたのだが…。
【夫side STORY】
俺は、けいた。妻のかおりにはいつまでも綺麗でいて欲しいと思っている。

それなのに子どもが生まれてからのかおりは、いつでも同じような洋服ばかりで、オシャレすることを放棄してしまっている。

昔のかおりに戻ってほしい。そのために俺にできることは…


かおりが仕事をやめたのは、俺が家庭に入ってほしいと言ったからだ。かおりは当時嫌がったが、俺の両親も「妻は家庭を守るべき」とかおりを説得し、かおりは仕事を辞めた。しかし専業主婦になったかおりは…この有様だ。

俺が稼いだ金なのに、かおりは足りないという。


かおりだって生き生きと輝いていた頃に戻りたいはずだ。それなのに俺のアドバイスを聞き流し続け、さらには小言まで言うなんて、そんな女性を妻にしたはずではなかった…。

妻という立場を放棄したかおりを目覚めさせようと、俺は必死になって「かおりのため」を考え続けた。




最近のかおりの泣きそうな顔を見ると、厳しすぎるかなと少し思うことがある。それでも今のかおりの状況は、結婚詐欺と同じレベル。

だからといって俺はかおりを見放したりはしない。かおりのためにも、「理想の妻」を追い求めることが正しいことだと信じていた。

次回【妻side STORY】に続く!

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです
原案・ウーマンエキサイト編集部/脚本・モグ/イラスト・もちふわ
(ウーマンエキサイト編集部)