■前回のあらすじ
不機嫌なことがあるとすぐに態度に出す夫。そんな夫を見ているうちに、次第に自分の行動も「夫に何か言われるかも」と考えて行動するようになってしまう碧だったのだが…。
夫が不機嫌になるきっかけや原因がわからない私は、その夜も夫の行動に怯えていました…。



怯えているような娘の気持ちをほぐしたくて、優しく声をかけたりぬいぐるみを使って話しかけてみたけれど、首を振るばかりの娘。私が夫の行動にビクついてしまう以上に、その影響は娘にも出ていたのです。




「こんなこと言ったらまた不機嫌になるかも…」そう思いながら挑んだ話し合い。夫自身はそれほど怒った様子はなく、淡々と聞いてくれましたが、自分が「不機嫌をまき散らしている」という自覚はなさそうで、結局改善の糸口は掴めないままでした。

しかしこの後、夫が不機嫌を態度に出すようになった原因を突き止めることになるのです…!



※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)