■前回のあらすじ
姫野さんと直接話すと決意した母。待ち伏せをし、いざ姫野さんに声をかけます。すると姫野さんは…。

■夜中すぎにようやく帰宅した父

その日、父が帰ったのは深夜1時頃だったそうです。父は慌てた様子で話を聞いて欲しいと言うので聞いたら「不倫ではない」と言ったそうです。

だったら何だったんでしょうか? 父はどういうつもりだったの?

私達家族から見たらどう見ても不倫です。

母が今までの経緯を話し、ずっと知っていたことを父に告げると…。


■母が不倫を問いつめると…

父は無言になりやっと口を開いたと思ったらボソボソ何か言ったそうです。

その一言に私は呆れました。


(虹野葵)