■ 前回のあらすじ
聴覚に障害を持つ親の、聴こえる子どもを「コーダ」と呼ぶ。そう息子に伝えると…。






今までコーダについて話しても反応を示さなかった息子が、こんなに豊かな表情を見せてくれたことに心を激しく揺さぶられました。

「ママの耳が聴こえなくてがっかりだ」という言葉がきっかけで、こんなにいろんな話ができ、いろんな気持ちになれて、すごく楽しい時間でした。息子も同じ気持ちでいてくれたら嬉しいのですが…!

どんな声でも言葉でもいいから、また届けて欲しい。共感することは難しいかもしれないけれど、息子の正直な気持ちをまた聞きたいなと思いました。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
(ミカヅキユミ)