■前回のあらすじ
子ども同士のトラブルで一方的に責められているところに「あなたは悪くない」と言いに来てくれたママ。再会したのですが、他のママの目が気になるのか、無視されてしまいました。

前回のことがあり、児童館に行きづらくなっていた頃、ちょうど支援センターで親子サークルの募集があり、参加することにしました。親子で工作をしたり、先生が本を読んでくれたり、娘も毎週楽しみにしていました。

その支援センターで、一緒に公園へ行く初めてのママ友もできたのです。そのママ友とは家も近く、自然と仲良くなり、下の名前で呼び合うようになりました。

今日も一緒に公園へ行っていると…。


ママ友の子ども、ちぃちゃんが、よその男の子のおもちゃを奪い取ったようで…。



お昼の時間になり、私たちも公園を後にすることに。ママ友のゆりちゃんは、「最近、ちいちゃんが人の物ばかり欲しがるんだよね」と困った様子。「魔の2歳児ってよく言うよね」などと話しながら別れたのですが…。



実は最近ゆりちゃんに対してモヤモヤしてしまう。


初めてのママ友。でも、自分の子が何をしても叱らないことにモヤモヤしてしまいます…。


(原黒ゆうこ)