■前回のあらすじ
「理子さんが来れば楽になる」という夫の言葉にショックを受けた翔子。だが、このまま同居が決まってしまうのは困ると、夫に本音を打ち明ける。それでも食い下がる夫に、翔子は「誰かのために尽くすのはもう嫌だ」と告げる。
<義母SideSTORY>

私が同居したくない理由を伝えると、夫なりにいろいろと思うところはあるようでした。






夫が私の思いを受け止めてくれて、心底ホッとしました。

夫からの電話に息子は、「いよいよ同居に進められる」と思ったのか、とても上機嫌だったようでした…。


※この漫画は実話を元に編集しています

(ウーマンエキサイト編集部)