■前回のあらすじ
沙織が夫の取引先だと知った彩佳は嫌がらせをやめました。彩佳の暴走を見た他のママたちも彼女から一線を引くようになったようです。

初めて沙織さんとランチに行くことに。




普段連絡を頻繁に取らなくても、たまに会ったときに仲良く話をしたり好きなアーティストの情報を交換したり…沙織さんとのそんな関係が私にはとても居心地よく感じました。

お迎え時で会う彩佳さんとも、挨拶をするだけの関係になりましたし、最初から私は下の子のお世話で忙しい人と彩佳さんに思われていたことが、深く付き合わなくても嫌がらせをされなかった原因かなと思いました。苦手なタイプのママ友とは無理して相手に合わせずに、うまく多忙なふりをするということも大切なのかもしれません

最初は「早くママ友を作らなきゃ」と焦るあまり、無理して彩佳さんに気を遣っていました。でも、いろんなタイプのママがいるし、無理につくろうとするより自然と仲良くなれるママ友を探すことが一番大切なんだなと気づくことができました。

※この漫画は実話を元に編集しています

(せりママ)