■前回のあらすじ
自分の家を建てる夢があったのに、直前で姑が倒れてしまい同居を余儀なくされたという義母。自分の夢を奈々夫婦の家に重ねていたことがわかり心苦しく思う奈々だったが、夫は「親に家の話は一切しないことにしよう」と言い出して…。
半年後、ようやく理想の土地に出合い、マイホームの建設が本決まりに。そして、ローン審査が通ったタイミングで、義父にだけは話をしておくことにしました。






勝手に家の工事が進んでいることを知って感情的になった義母でしたが、夫の「夢を押し付けるな」という言葉が堪えたようで、今までに見たことないほどがっかりした姿をしていました。

本来嬉しいはずのマイホーム計画をお義母さんと一緒に喜べないことがどうしても心残りでした。


※この漫画は実話を元に編集しています


(ウーマンエキサイト編集部)