■前回のあらすじ
近所に引っ越してきたファミリー。長男イチと同じ年ごろの男の子もいるようで…。インターホンが鳴りドアを開けると、引っ越してきたばかりのお隣さんが挨拶に来ていました。





じゅ、じゅ、じゅ、12歳!?

え? 最近の子ってこんなに大人っぽいの? この辺の地域の子しか見てなかった私は、てっきり彼女は17、8歳くらいかと思い込んでいました。

彫りも深いしメークもバッチリだし、もう髪の毛なんてハリウッド女優顔負けのキラキラ感。お母さんも負けないくらいのキラキラで、ものすごいダイナマイトボディー!

前回触れた通り、地域の女子たちはすっぴんに男の子と同じような、ジーンズ、フリース、登山靴というスタイル。これが中学生まで続くのですが、高校は電車で1時間ほどの街にある学校に通うことになり、その瞬間からお化粧や着る服がガラッと変わります。

どこの誰か分からないくらいになり、その後は街に遊びに行くことが多くなるので、あまり村では見かけることはなく…。

キラキラ女子にまったく免疫がない私は、新しく越してきたお向かいの女子2人にただただ見惚れるばかりなのでした。

ちなみに男の子はイチより少し年上で当時7歳でした。

外国から広告をみて、はるばる家族を連れて引っ越ししてきた家族。私も小さい頃に親と一緒にイギリスへ引っ越した経験があるので大変さがよくわかります。引っ越し当初は母も頼れる知り合いや身寄りがなく、とても大変そうにしていたのを思い出しました。

なので、外国人同志、なにか力になれれば…とその時は思ったのですが…。


(ケイコモエナ)