■前回のあらすじ
ニロと遊ぶと毎回大量のお菓子をもらってくる長男のイチ。虫歯に注意しているので断らせたところ、それでも渡してくるニロのママ。我慢も限界を超え、気づくとニロの家のドアをノックしていたのでした。







たまにしか飴ちゃんをあげてないと「かわいそうー」って。なんなんだっっっ!話が全然通じない!! 

都合の悪いことだけフランス語が分からなくなるって、どういうことよ!! 

ご近所さんだから穏便に笑顔で済ませようと思ったけど、無理っっっ! 

ひとりブチ切れて帰ってきましたよ私は…。

とにかくうちの子には飴ちゃんを与えないで! 果たして伝わったのか…?


(ケイコモエナ)