■前回のあらすじ
彼との関係を終わらせる決意をした私だったが、彼の想いに胸が張り裂けそうになり…!?

■彼の言葉に涙が止まらなかった
深夜のメッセージバトルは、なかなか決着がつきませんでした。

別れ話って、どうすればいいんだろう。

恋愛経験の少なすぎる私には、わかりませんでした。

「ゆう君には、本当に感謝してる。 くたびれた、美人でもない私なんかを、好きになってくれてありがとう。でも、今、とてもつらいです。申し訳ないです」

「僕もつらいです。一緒にいたいです」


彼のまっすぐな言葉に、私は涙が止まらなくなっていました。

「だけど、もし娘が、息子がゆう君の立場だったら、早く切ってくれって、親は思う。この先に、あんまり明るい未来はないんだよ」

彼からの返信はありません。

私はそのまま続けました。

「私は、今の生活を手放す勇気はないです。子どもたちはもちろん、夫のことも、手放したら、絶対に後悔する」

決して、ドラマみたいなラブラブ夫婦ではないけれど、不安定な私を気長に支えてくれる優しい夫と、パパが大好きな、世界で一番かわいい子どもたち。

それは、誰ひとり欠けても成立しない、奇跡の毎日でした。

このまま進んだら、そんな夢みたいな日常を、自分の手で壊すことになるんだ。


 
 

■今ならまだ戻れる…私の出した答えは!?
「正直、もう恋愛には興味なくて、ゆう君のことも、息子みたいに思ってる」

既読がついたまま、なかなか返ってこない言葉に蓋をするように、私は畳みかけます。

「ゆう君みたいに素直に育ってくれたらいいな〜なんて(笑)」

本当は、愛されたいって、女性として見てほしいって、ほんのちょっとは思っていました。

でも、私は必死に嘘を並べて、続けました。

本当なら、ひとまわり年上の私が、もっと早く導いてあげるべきだった。

若い彼の純粋な心を振り回して、傷つける結果になってしまった。

その事実は、変えられません。もう、変えられないけど…。

今なら戻れる。まだ、戻れる…!

「ブロックはしません。でも、気持ちが落ち着いたら、ゆう君からブロックしてほしいです。短い間だったけど…ありがとう。ごめんなさい」

ドキドキやときめきはもうないけれど、目が覚めたら、愛する子どもたちが目の前にいる。

子どもたちが笑っている。夫が触れてくれる。うるさいくらいの笑い声が家中に響いている。

私は愛する家族に愛してもらっている。

それで十分なんだ。それがこの上ない幸せなんだ。

私のこの手は二つしかないけれど、どれかを選べって言われたら、やっぱり…。

娘と息子の手を、真っ先に握る。

それが私の答えでした。



次回に続く(全11話)毎日9時更新!

 
 
(たんこ)