■前回のあらすじ
精神的に限界を迎えていたモモのために、別れを提案したアオ。けれどもモモは「モラ子の思うツボにはなりたくない」と、モラ子の夫にすべてを話す決意をして…。








いよいよモラ子の自宅に乗り込みました。

モラ子が離婚してしまったら野獣が野に放たれるようなものなので、その前に飼い主(旦那さん)と話をしたかった。お金(慰謝料)を払ってでも関係を断ちたかった。前代未聞です…。

モラ子は、自分はどれだけ迷惑かけても「だって仕方ないじゃない!!」で済ませるけど、人が少しでも自分の領域に入ってこようものなら全力で批判するのです。


(モモ)