■前回のあらすじ
ついに怖美を捕まえ、話し合いの場を設けることができたK代たち。しかし怖美は謝罪することなく、「全てK代が悪い」と主張を繰り返します。支離滅裂な言い分にK代夫婦は言葉も出ません。

■話が通じない怖美にK代の夫は…


■渋々サインに応じた怖美だが…

自分を被害者だと言い切る怖美。

あまりの光景にK代たちは絶句し、これ以上は手に負えないと確信したのでした。


(ぱるる)