■前回のあらすじ
多数決で決まったことすら覆し、役員会を自分の思い通りに動かそうとする凛子。副会長の葵の意見より、会長である自分の意見が正しい! 凛子はそう思いこんでいた…

ここまでしても、葵さんは変わらず冷静で「あなたなんて眼中にないですよ」と暗に言われているようで、わたしはますますイライラ…。




葵さんの驚いた顔を見て、わたしは歪んだ喜びを感じたのですが…。



※この漫画は実話を元に編集しています

(アトリエPP合同会社)