■前回のあらすじ
義父にどんな言いがかりをつけられても自分で決めたことだからと堪える夏希。一方で義父は夏希の実家にまで悪口の電話をかけていて…







私の母は、お義父さんからかかってくる電話の内容を私や父に伝えることで、より事態が深刻になることを恐れ、ずっと胸にしまっていたそうです。そんなことを知らない私は、ひとりで我慢して頑張っているつもりになっていました。


※この漫画は実話を元に編集しています

(ウーマンエキサイト編集部)