■前回のあらすじ
母の「出産反対」の言葉は、こんな冷酷な医師がいる産院で産んでほしくないという意味だった。里帰り出産をやめて、元々通っていた産院で産むことに。






赤ちゃんに関して何を聞いても私に任せるという返事の夫に、思わずイライラ。でも「なんでこんなことくらいで…」と思う自分もいて、夫に優しくできない自分にもイライラ。
出産が近づくにつれ、こんな自分が親になれるのかと不安でたまらなくなりました…。



※この漫画は実話を元に編集しています

(Re,AER(レアエル))