こんにちは、エェコです。

今回は公園の遊具で怪我をして、肝を冷やした話です。

■公園で遊んでいた娘が遊具から転落!

去年、娘が公園のすべり台から落ち、救急車で運ばれました。

いつもはルールを守って楽しく遊んでいる娘。このときはテンションが上がってしまい、すべり台の途中から飛び降りようとしてそのまま頭から転落してしまいました。

私もあっという間の出来事で止めることができず…。慌てて駆け寄ると、娘は意識もあってぱっと見、目立った怪我は見当たりませんでしたが、吐いてしまいました。

頭をうって吐くって確かヤバかったんじゃないかとパニック。まわりの人の助言もあって救急車を呼びました。

吐いてしまったので、念のため一晩入院しましたが、翌日退院。

病院についてからも娘の意識はハッキリしていました。さまざまな検査を行ったところ、異常はないとのこと。

しかし「頭をうって吐く」のはこの後、急に体調が悪化したりすることがあるとのことで念のため入院になりました。

娘、はじめてのひとりでお泊まりが入院…。

コロナのため、3歳以上は付き添い入院も面会も禁止されてました。

でもなんとか一晩過ごし、異常は確認されなかったので退院できました。

しかし…。




■知らない番号から電話が…

家に帰ってくると、知らない番号から電話が…。そこで私は思い出しました。救急隊員の人が言っていたことを。公園の遊具で怪我をした場合、区から連絡があると。

救急隊員さんに言われたときは、治療室で泣き叫ぶ娘が気になってパニックになっていた私。(点滴の針が怖いといって娘が泣いていた)

「役所に電話番号伝えていいですか?」と聞かれて、「はい」と答えたのを思い出しました。

その電話は、区からでした。もし遊具に問題があって娘が怪我をした場合、治療費などについてお話をしたいとのこと。

管理課によると遊具に過失があって怪我をした場合、公園の管理者と治療費や損害賠償などのお話になるそうです。

そこで私は、娘が正しく遊具を使わなかったから起きたことなのだと、謝りました。公園の遊具で怪我をすると、こんな大事になるとは知りませんでした。

公園は楽しいところですが、正しくルールを守らないと自分自身が怪我をするだけでなく、まわりや関係者にまで迷惑をかけてしまうことを実感して、娘ともども大反省です。

5月になり、お出かけが楽しい季節になってきました。

我が家を反面教師にして、皆さまもどうかお気をつけ下さい…。
(エェコ)