■前回のあらすじ
すべてを思い出したアオの話を聞いて、これまでわからなかったモラ子の本音が浮彫りに。やはり関係を強要していたのはモラ子のほう。そして、それは本人にも自覚があったんだと確信して…。







モラ子が色々想像超えて来る件。ドン引きしました…。

こういう話って、常識的に考えて「してはいけない」と私もアオくんも思ってました。でも相手にここまで奪われると、もう「聞いても良い」「話しても良い」という雰囲気になります。

そして、前から「メッセージの内容は下品すぎて教えられない」と言われていたのはコレだったか、と。

モラ子の一方的な性格もここまで来ると救いようがないです。


(モモ)