■前回のあらすじ
妻の葵の言うことなすことすべてにケチをつける夫。そのモラハラな態度に、葵は息苦しさを感じていました。





いつも葵を見下し、つっかかるような言い方をする夫。

それでも、子どもたちに対する父親としての態度は素晴らしく、唯一尊敬できるところでした。


この漫画は下記書籍の内容から一部を掲載しています(全6話)。

原作 三松真由美 漫画 ぺぷり (KADOKAWA) 1,210円(税込)


夫と子ども2人と幸せな家庭を築いているように見える主人公。実は、夫は口を開けば傷つくことばかり言うモラハラ夫だったのです。さらに、義母の近すぎる距離感や執拗な干渉に、日々心をすり減らしながら生活していたのでした。そんな主人公が、男性セラピストと出会ったことで、辛い日常を忘れることができ、新しい世界にはまっていくのです。


(ウーマンエキサイト編集部)