■前回のあらすじ
名札の位置が違うとよその家の子どもの名札まで勝手に直していく正義感の強すぎる真理子。真理子としては正しいことをしてるのだから非難される理由はないと、反論されたことに憤っていたのだが…。






自分の中に「常識」「ルール」「マナー」を持つことはとても大切だと思います。でも正義の名のもとに周りを従わせようとするのは間違っている。そんなわかりきったことを私は言い出せず、真理子さんに強く反論できなかった自分を恥ずかしく思っています。

何より他人に振り回されて息子までを傷つけてしまったことをすごく後悔しました。息子には自分の考えや意見はしっかり持って欲しいと思いますが、それと同時に人の考えを聞くことや気持ちに寄り添うことも伝えていきたいと思っています。そのためにはまずは私自身が、他人に振り回されずに自分の意思を持てるようにならなければ!

ちなみに夫には「せっかく和装を楽しむ趣味を持っているのに着なくなるのは寂しいよ。それに博美にはもっと自分らしく堂々としていて欲しかったんだ」と言われました。他人の目を気にすることなく、もっと凛とした女性になっていきたいと思います。

※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)