■前回のあらすじ
前妻の聡美がナオミであり、嫌がらせも彼女が行っていたという説が濃くなったため、直接問いただすことにした里香。疑問を投げつけると、ついにナオミは恐ろしい正体を現して…。







武吉を前にしたときの聡美さんは、目を大きく見開きニタニタと笑っていて、狂気じみていました。
何をしでかすかわからない聡美さんに、私は恐怖しか感じませんでした。

聡美さんの子どもと篤が同じ幼稚園に通っているだけでも不安…。

しかし、篤に幼稚園に行きたいと駄々をこねられ、幼稚園には念の為事情を話していたため、大丈夫だろうと思っていたのですが…。


※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)