■前回のあらすじ
ますますひどくなっていく涼子のモラハラ。「あなたが働かないと、私と麻希が路頭に迷う。もっと働いてよ!!」強迫観念にかられたようにそう叫ぶ涼子を見て、和彦はついに離婚を口にする。
【涼子side】
私は涼子。
私はただ幸せになりたいだけなのに、いつも誰かが私を不幸にしようとする。
まさか夫から、離婚したいと言われるなんて…。
私は何も悪いことなどしていないというのに…。悪いのは夫の方なのに…!









※この漫画は実話を元に編集しています

(青春脚本)