■前回のあらすじ
菜緒がひとり親であることを知り、結婚に反対してきた義母。婚約者の直樹の説得でどうにか結婚の許しが出て、両家顔合わせとなったのだが、菜緒の母にまで見下す態度を取られてしまい…。
お義母さんの私の実家を見下す発言はあったものの、それでも両家顔合わせ、結婚式も無事終了。そして夫の直樹の親戚の集まりに招待されて、再度きちんとご挨拶をすることになったのですが…。







とくにお金に困っているわけではないと思われる義実家。それなのにお義母さんは、私の持っているモノもすべて自分のモノであるかのような行動を取ってきます。それを直樹が都度止めてくれましたが、私のなかではお義母さんと関わりたくない気持ちでいっぱいでした。でも結婚をようやく許してもらえたという思いがあり、お義母さんへの嫌悪感を出すことはためらわれていたのです。

そんな時に母が、結婚後初めて上京することに…。義実家に母を連れて挨拶に行くなんて、よからぬ予感しかありませんでした。


※この漫画は実話を元に編集しています

(ウーマンエキサイト編集部)