■前回のあらすじ
友だち夫婦から貴子への態度がきついとたしなめられた夫の耕司。しかし、乱暴な言い方を注意されても全然響いていないようで、すっかり諦め気分の貴子だったが…。
【妻sideSTORY】





夫が言うように、私が家事も育児も夫の基準点に達していないのかもしれません。でもだからといって一緒に住んでいる相手に対して、自分の方が上であるかの態度を取る夫の言葉を素直に聞き入れることはできません。

ましてや相手を敬いもせず攻撃だけの夫との生活に、私は心底疲れていました。そして夫自身が抱えていた闇とは…!?




※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)