■前回のあらすじ
もう勝手に家のものを人にあげないよう強く言ったのに…義母はなんと今度は娘の雛人形を人にあげてしまったのです。このまま義母の悪癖が続くなら、もう同居はできない…

【義母sideSTORY】
何度言っても、勝手に人に物をあげてしまうお義母さん。「雛人形を取り返してきてください」とお願いしても、うつむくばかりで聞き入れてくれません。
もう私の手に負えないと、勇太に訴えることにしました。




さめざめと泣いてそれ以上は語ってくれなかったお義母さん。
まずは落ち着こうと、お義母さんのことは勇太に任せることにしました。
「私の価値もなくなっちゃう」と言ったお義母さんの真意ー…私には想像もできませんでした。



※この漫画は実話を元に編集しています

(Re,AER(レアエル))