■前回のあらすじ
夫とともに義母があげてしまった雛人形を返してもらいに行くと、受け取った方は義母が勝手に持ってきたと言うのです。なぜそうまでしてあげてしまったのか義母に聞くと、「自分の価値がなくなってしまう」と泣き出して…

【妻sideSTORY】
雛人形のことをきちんとお義母さんと話しあおうと思っていたのですが、お義母さんは泣くばかり。仕方がないので少し時間をおいて、お互いに頭を冷やすことにしました。
勇太が時間をかけてゆっくりお義母さんから話をきいてくれたのですが…。




どうして泣いているのか分からないお義母さんの姿に困惑していると、その手には一通の手紙がありました。



※この漫画は実話を元に編集しています

(Re,AER(レアエル))