■前回のあらすじ
義父から芽衣への手紙を読んで泣き出した義母。義母は、義父がいつも人のことを考えていたことを思い出したのです。自分のことしか考えていなかったと深く反省した義母は同居の解消を申し出ました。

お義母さんは、これ以上迷惑はかけられないと、別居の意志は固いようです。
しかしこのまま見捨てる気持ちにもなれません。改めて私たち夫婦とお義母さんでこれからのことを話しあうことにしました。




悩んだり苦しんだりしたけれど、今回お義母さんが起こした騒動をきっかけに、自分たちの人生や未来について考えるきっかけになりました。
もしかしたら、お義父さんが私たちに残してくれた道しるべだったのかも…なんて思ってしまいます。
私たちは、新たに生きがいを見つけたお義母さんと一緒に、いまでは平和に暮らしています。


※この漫画は実話を元に編集しています

(Re,AER(レアエル))