■前回のあらすじ
勇人の母を訪ね帰宅した咲希は、双子と勇人に迎えられ、本当に大切なものを再確認する。そして、もう二度と大切なものを壊さないために、咲希は母と会って「終わりにする」と誓うのだった。








お母さんの言う通りに生きてきた私の人生。お母さんは絶対だったので、私はそれに歯向かうことはできませんでした。そんな私が明確に「拒絶をした」ことに衝撃を受けたお母さん。

お母さんにも幸せになってもらいたい…。その気持ちは嘘ではありません。でももう私は一緒にいられない。一緒にいてはいけないのです…。



(ウーマンエキサイト編集部)