■前回のあらすじ
お金を貸して欲しいと美月たちに懇願する義父。すると口を開いた夫は、「助けるのなんて当たり前、家族なんだから」と借金の肩代わりを了承。怒った美月は、借金を払うなら離婚をすると迫ります。


■夫に浮気の証拠を突きつけると…



■取り入ってもお金は貸さない!

涙ながらに訴える義父。

次の瞬間、美月が義父に放った言葉とは?


(Ai)