■前回のあらすじ
最初から夫の弟は眼中にないような言い方をする義妹にショックを受ける義母。その義母にもひどい言葉を投げつけ、夫にも拒絶されると義妹は捨てゼリフを吐いて出ていってしまう…。







士郎さんの一周忌というタイミング、そして実母ということもあり、夫がすぐに信じられなかったのも無理はありません。しかし、この時は「誰も自分を信じてくれないこと」が本当にショックで…。浮気まで本気で疑われるようであれば夫とも終わりだと思っていました。
しかし、そこだけは夫は信じてくれた。それが私達をつなぎとめたかすかな絆でした。



※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)