■前回のあらすじ
和子がわが子を保育園に行かせたくない理由は、奨学金返済のために節約したかったから。奨学金の事実を知らなかった篤史は、信用されていないことに声をあげ…。





この時の私には、自分を責める気持ちと、自分の人生を尊重したい気持ちが共存していました。すると翌日、篤史から思いがけない電話がかかってきたのです。



(ウーマンエキサイト編集部)