■前回のあらすじ
奨学金を隠していた和子に対し「実家は裕福に見えるのに」と疑問を抱く篤史。美輪は夫婦で話し合うように言うが、自分が孫を預かると言えばよかったのかと悩み…。






孫を預かるという話から、内容があまりに飛躍していることに驚きました。篤史との行き違いやお金に関することは、息子夫婦ふたりで解決していくべき問題と思っていたので、「和子さんを教育し直して欲しい」と言われても私たちができることは何もないと思っていました。

なにより、和子さんとご両親の温度差に違和感を覚えて…。そして、その違和感を抱えていたのは私だけではありませんでした。



(ウーマンエキサイト編集部)