■前回のあらすじ
ある日、真琴さんと立ち話をしていると、夫が子どもと遊ぶ時のセリフや設定を、真琴さんが知っていて…! 問い詰めたけれど、真琴さんは逃げるように帰っていった。私はますます二人の関係が気になってしまい…!






真琴さんのアクセサリー教室でサンプルとして置かれていたそのアクセサリーは、間違いなく夫・純一の学生時代の写真に写っていたものでした。たしか大学のときのものだったはず…。

同じデザインのものは世の中たくさんあるかもしれません。
でもこんな偶然ってある…?


※この漫画は実話を元に編集しています
イラスト・米戸卵田(監修:インクルーズ)
(青春脚本)