ウーマンエキサイトの記事です。

今回ウーマンエキサイト編集部ライターの独自目線とあらすじを交えてご紹介するコミックは「義父母がシンドイんです!」です。

息子の直樹が結婚。嫁の舞が妊娠し、幸江は嬉しく思っていました。舞のお母さんはすでに亡くなっていると聞いていたので、幸江は頼まれれば協力はしようと思っていたのですが…。


■遠慮のない嫁に戸惑う義母





幸江は舞に誘われ、一緒に出産準備の買い物に行きました。子どもの服などブランド物やオーガニックの物を買いたいけれど、お金が…という舞に、幸江が買ってあげることに。遠慮なく欲しいものをカゴにどんどん入れる舞でした…。





■お年玉1万円は少ない!? 嫁の失言に唖然



正月、息子夫婦と実家で過ごすことに。孫にお年玉をあげるも、幸江がいない時に「1万円は少ない」という舞の様子が見えて、幸江は唖然とするのでした。舞のおねだりはこれだけでは済まなくて…。

こちらは投稿者のエピソードを元に、ウーマンエキサイトで公開された漫画です。ここからは、ネタバレになるかも!?ライターが気になった場面をピックアップ!



■エスカレートする嫁のおねだり…対処法は?!
母親のいない舞にとって、義母は甘えられる存在なのかもしれません。それでも「お年玉1万円は少ない」と言う、失礼な言動には怒っても良いと思うのですが…。怒ることをしない、義母の様子に注目しました。



「もしかして、お金に困っているのでは」と非難するでなく舞を心配する義母。舞の言動に何か理由があるのではと考える姿が印象的でした。すると逆に「優しい義母に付け入る嫁」という意地悪な構造が浮かび、どんどん搾取する一方に…!?とも考えてしまいますが…。そうはならず、まず息子に確認するところが心優しく聡明な義母ですね。



お金の心配ではないなら…と悩んでいた所に救世主、現る!義父の良い考えとは…?最終的には、夫婦で考える問題という息子の気づきにも繋がる場面が訪れます。


(ウーマンエキサイト編集部)